English

Walking on the wild side

誰にでもできることよりは、僕たちしかできないことを、まずはやりたいと思っています。
 あたかも過去への窓を開くかのように、撮影した写真をその時空間に記録し、また過去を呼び出すことのできるアプリで、25万以上ダウンロードされているYesterscape、スマホ本体を筆のように動かして空間に文字を描くAR書道、今では当たり前になった前面カメラと背面カメラの両方を同時に撮影して合成する機能をもったTwoShot,学習習慣を共有するSNS(2006-2009),独自のカテゴライズとタイムラインによるモチベーション維持アプリHoursなど、「新しさ」や「言語化できない部分」にこだわった試みを続けています。


Products

Yesterscape AR Time Machine Camera

Yesterscapeは2000年初めくらいから現代アート作品として構想していたものがその前身です。設計思想の根本には、「世界は見えている以上のものである」という意識があります。私たちの世界は、記憶や意識の重ね合わせであるはずです。広告や情報を表示するための手段として扱われることの多いARですが、Yesterscapeでは個人や共同体の記憶を課題に設定しています。現在25万以上ダウンロードされています。

2014年4月に鯖江市とエプソン株式会社に歴史観光へ Yesterscape利用の提案
2015年1月には株式会社神戸新聞社と共同で阪神大震災アーカイブの可視化、震災写真をARで表示できるようにしました。

AR 書道

AR書道は、スマートフォンを筆に見立てて、振り回すことで文字を描くアプリです。加速度センサーを用いれば、原理的に軌跡が取得できるはずで、すでにそのようなアプリもありましたが、二画以上の文字を描くためのUIが試みられたことはありませんでした。また単に画面に文字を描くのではなく、体を使って大きな文字を描くという部分に、意味もありそうです。
そこで、文字を描くだけでなく、描いた文字をその空間に残すことができるようにしました。描いた文字は描いた場所に残るので、他の人が描いた文字も見ることができます。

暗記メモ

「暗記メモ」は読んでいる本を写真で撮影したり、文字をテキストで入力したりすると、次の日、三日後、一週間後、と決められた期間ごとにプッシュ通知で知らせてくれるアプリです。
自分で使うために開発したので、登録時に思考や勉強をなるべく中断せず、ストレスにならないUIを工夫しました。
勉強や数式の暗記などにも非常に有用なのはもちろんですが、洗練されていないアイデアを登録しておくと、アイデアが次第にブラッシュアップされていくという使い方もあります。

TwoShot

twoShot(groupcam)は前面カメラと背面カメラで(ほぼ)同時に撮影を行い、写真を合成できるカメラです。今となってはデバイスのデフォルト機能であったりもしますが、世界で初めてアプリにしたのはQOOQです。

Hours/Simple Hours

学生時代のことですが、偏差値30代の生徒を半年で国立大学の医学部に合格させるというミッションがありました。授業はもちろん、生活習慣を確立しなくてはいけません。本アプリは当時つくったWebアプリから、勉強習慣SNS(200-2010)を経て、iPhoneアプリ化したものです。
目標達成のための努力しているかしていないか、当時開発した独自のカテゴライズで努力を可視化します。
Simple Hours Hours

IOT Device

OEM以外の自社製品としては初の物理的製品です。2016年後半発表予定。

青春ゾンビーズ

2016年3月はじめ公開。
ラノベ要素+ストーリーマンガ+ゲームですが、Yesterscapeと同じく、簡単には目に見えない世界がテーマです。
iPhone/Android両対応。HPを公開しました。青春ゾンビーズ

京都パーフェクトガイド

個人ページながら述べ1億PV以上を誇る老舗京都案内サイト、京都パーフェクトガイドとQOOQのコラボで作られたアプリです。

CONTACT US
Blog

京都本社:〒602-8061 京都市上京区甲斐守町97 NTT西日本西陣Bl 1F-5
東京オフィス:〒107-0052 東京都港区赤坂4-4-16-101