iPhoneに場所を見せます

上の星が5になる様にスマホを上下左右に動かしてください。
詳しい説明
周囲にあるものの情報をiPhoneが把握することで撮影位置がぴったり決まる様になります。撮影した人の場所が変わってしまったり、大きさが変わってしまうのはiPhoneが場所をしっかり認識していないのが原因です。歩き回って撮影するときはあらかじめその道筋をiPhoneに見せてあげてください。

録画ボタンを押します

写真撮影中も撮影後もいつでも録画を開始することができますが、とりあえず録画を開始してみましょう。
必要のないアイコンが消えて画面がすっきりします。
スクリーンレコーディングと同様、録画開始の確認画面がでます。

コピペ開始

画面をタップしてみましょう。人が撮影されるとその場所にコピペされます。
赤いボタンは動画開始、人物コピペ(写真撮影)は画面タップです。

録画停止

左下のYs2アイコンを押すか、決められた秒数(タイマーのアイコンから設定できます)を経過すると録画が止まり、動画が保存されます。
撮影には「エネルギー」が使われますが、ここで広告を再生するとエネルギーが減らずにずっと無料で全機能を使えます。

動画は写真ギャラリーに自動保存されます


-->